1. HOME
  2. お知らせ
  3. 2月 後半

2月 後半

四枯四栄(しこしえい)は釈尊お涅槃の時、沙羅双樹八本の内、四本が瞬時に枯れ、四本が栄えるように咲いたと言う。これは釈尊の涅槃の悲しみと教えが残り栄える事を意味している。世尊は主として釈尊を指す言葉である。令和二年の涅槃会に際し詠んだ和歌。


 

お知らせ一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事