1. HOME
  2. お知らせ
  3. 坊さんは肉を食べない?

坊さんは肉を食べない?

アイキャッチ用雑僧雑感
雑僧の雑感 仏暦2563年2月 後半 vol.32

「坊さんは肉を食べない?」

 

 坊さんは肉を食べない と思われているが                                   食べます

 別に自慢する事では無いが、普通に食す。坊さんの堕落か?はたまた国家の陰謀か?明治五年「これから坊さんは、肉を食べてもいいし、結婚しても良い、髪の毛を伸ばしても大丈夫!」との布告が出された。

坊さんの俗化=仏教の弱体化。見事術中にはまった仏教界、その行末は… 現在ご覧の通り、出家とは名ばかりか?弱くなりすぎた。別に、私は高みからこの様相を見下ろしている訳では無い。渦の中、冷たい風が吹く…

肉食、妻帯、有髪、葬式仏教等々… が、言い訳をする訳じゃあないが、昔々から坊さんは肉食をしていた。なんと釈尊の頃からである。条件に三つ有り、その生き物が殺められる場面を見ない、その様子を聞かない、自分の為に殺められたのでは無い。これを「三種の浄肉」と言う。

釈尊最後の食事だって、キノコか豚肉かで論争があるらしい。訳文がどっちとも取れるからとの理由からなのだそうだ。折衷案として「豚肉味のキノコ」説もあった程。「殺してはならぬ」という戒めがあり、本来は食べちゃ駄目。が、布施として差し出された物はOK。拒むのは相手の布施の修行を妨げるからなのだ。そこで付けられた条件が先に挙げた「三種の浄肉」である。

…が、こんな事を書けば仏教界から叱られるかもしれぬが、随分自分勝手だなーと思う。見ない、聞かない、自分の為でない。仏教は、必ずしも世間の道徳とは一致しないのだ。

仏教=道徳 では断じて無い                                          無理やり結びつけようとすればするほどおかしなことになる                            これは別の機会にに述べる

 私の為に、私に代わって手を下してくれている人がいる、料る人がいる。その人々にも、命を差し出してくれた生き物にも、感謝の念で「あなたの命を頂きます」と食す。食育の観点からは寧ろ、見る、聞く、自分の為という思いが大切なのではなかろうか?


お知らせ一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事