1. HOME
  2. お知らせ
  3. 明けない夜などありはしない

明けない夜などありはしない

アイキャッチ用雑僧雑感
雑僧の雑感 仏暦2563年10月 前半 vol.47

「明けない夜などありはしない」

 

2017年10月 スーパー歌舞伎Ⅱ『ワンピース』                                              四代市川猿之助丈 怪我による休演                                                   “明けない夜など絶対にありはしない” というゆずの主題歌の言葉を信じて                                近い日に皆様にお会い出来る事を夢見て

猿之助丈のこの言葉が 今なお耳に残る

どれ程の 深き闇とて 明けぬ夜は ありはせぬとぞ 思ひ生きなむ                                    猿之助丈の言葉を受けて コロナ禍で詠んだ和歌

 何時まで続くかわからぬけれど、どれ程闇が深いのかわからぬけれど、それでも明けない夜などありはしない。そう、止まない雨もないし、明けない夜もない。

・・・けれど

 時として雨が止むのを待てない時もある。夜の闇に不安で押しつぶされそうになる時もある。だって感情があるから、弱い存在だから。そんな時は無理に強がらなくても良いのではないかと思う。雨が降るなら傘をさせばよいし、暗闇が不安ならば明かりを灯せばよい。

・・・けれど                                                             必ず夜は明ける 雨は止む

 コロナばかりではない。人生何時でも晴天なんてある筈がない。苦しい時だってあるし、辛い時だってある。逃げ出したい時だってある。悲しい時もある。それでも生きている。

 逃げたから弱いなどと思わないし、苦しんだから不幸だとも思わない。人に言えなくとも皆それぞれ事情を抱えて生きている。人生にはいろいろな選択があるだろう。それを他人がとやかく言うのも筋が違う。だってどうにもならない事だってあるのだから。悩んだ挙句の決断だから。そしてその心内は誰にも解らないのだから。でも、そんな暗闇が続いたとしても、何時かは夜が明ける、朝日が射し込む。ただそれだけを心に抱いていれば、少しは希望も持てるかもしれない。

明けない夜など絶対にありはしない


お知らせ一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事