1. HOME
  2. お知らせ
  3. 怒らない生き方をしたい

怒らない生き方をしたい

アイキャッチ用雑僧雑感
雑僧の雑感 仏暦2563年10月 後半 vol.48

「怒らない生き方がしたい」

 

 道徳的とか 仏教的にと言う訳では無い

「怒り」は無駄なのだと思う                                                心が支配されるから                                                          時間が勿体ないし するべき事を見失う

 「怒り」はマイナスでしかない。そんな事を最近感じている。しかし一方で「怒り」はパワーだとも言う。仕事や生き方の原動力であるのも事実。でも、「怒り」をバネに飛び上がれる人は僅かなんだろうと思う。少なくとも私は無理。逆に目の前に穴を掘ってしまいそう。

しかも、相手に届かない「怒り」はハッキリ言って無駄の極みである。所謂陰口的な怒りである。私は聖人君子では無いから、無駄の「怒り」を爆発させる事もままある。その時に心は、「怒り」をぶつける相手に完全に支配されてしまう。

そう「怒る」時 その相手しか見えなくなるのだ                                                それは嫌だなー

 たまに、面と向かって「怒り」と言う名の正論をぶつけてしまう事もある。正論故に相手も「怒る」。すると「怒り」の連鎖が起こる。

正論は決して正解では無い                                                            正論は諸刃の刃                                                                 相手も傷つけるが自らをも傷つける

 時間と労力、そして精神衛生上良くない。そして寿命をも縮めるとも言われる。

因みにだが 「怒る」と「叱る」は違う

 この微妙な違いを見極めないとならない。…と、偉そうに書いているが、私がそのような生き方がしたいと言う事だ。限りある人生、出来れば無駄な時間と労力と、寿命をも縮めるかも知れぬ事に費やしたくは無い。…あっ、一応仏教でも「怒り」は身を亡ぼすと説かれている。三毒煩悩「貪瞋痴(とんじんち)」の瞋がそうだ。身を焼き尽くすと譬えられる程である。なので、くれぐれも慎みたい。と、取って付けてみた。


お知らせ一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事