1. HOME
  2. お知らせ
  3. 私の心と秋の空

私の心と秋の空

アイキャッチ用雑僧雑感
雑僧の雑感 仏暦2562年9月 後半 vol.22

「私の心と秋の空」

兎に角コロコロ変わる物                                            親の機嫌に子の態度、昔の元号、マニフェスト、好みのタイプ、趣味趣向、                            搭乗時間、酔っぱらい、テレビで見る顔、猿の顔、猫の目、雑感、我が心、                         男心と秋の空                                                 行く川は流れ流れて常ならん、有為の奥山今日越えて、浅き夢見じ酔ひもせず…、っと、逸れた。

測り難きは人の心。移ろいやすきは男心… ん? 女心じゃないの?

 まあどっちでも良いが…、 小林一茶は詠む 「恥ずかしや 俺が心と 秋の空」 秋の空の様に、変わりやすい自分の心が恥ずかしい…。何か女心の方がしっくりくる気がするが…。だってそうでしょ! 「女心と秋の空」って言うもの。

 我が心を思うに…、確かに変わりやすいような、だいたい落ち着きが無い。あれもこれも気になっちゃう。いやいや、この場合の心はそんなソワソワしたものじゃ無い筈。すると恋心か?

 しっかり定まっていた物が変わる?とも違う…。世の中は常に移り変わる、川の水が常に同じでは無いようなものだろう。所謂無常というやつである。

良い事が続かないのも無常 悪い事が続かないのも無常

 でも、心の場合は悪い方へと変わるのだろう。善い方には、なかなか変われぬのが人の心。それじゃあ、善い方へ心を持ってゆくにどうすれば良いの?それには、入れ替えなきゃ駄目だそうだ。

 …ん? 入れ替えちゃったら、自分じゃ無くなるのでは?

自分の心の在りかが分からない…                                                            自分の心さえままならぬのに                                           他人の心は如何ともし難い                                           変えるも、入れ替えるも

 因に、女心が変わりやすくなったのは明治の頃かららしい…。わりと最近の話みたいだ。それより前は男心だったらしい。

お知らせ一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事