1. HOME
  2. お知らせ
  3. 試験勉強の時に掃除がしたくなる訳

試験勉強の時に掃除がしたくなる訳

アイキャッチ用雑僧雑感
雑僧の雑感 仏暦2562年10月 後半 vol.24

「試験勉強の時に掃除がしたくなる訳」

 

 「セルフハンディキャッピング」という言葉がある                                 自分にハンディを与える                                            失敗が怖くて、言い訳ばかりをしてしまう自分が恥ずかしい                            自慢じゃないが、私の8割は言い訳で出来ている

 体調が悪いから、時間が無かったから、苦手だから、掃除しちゃったから、好きな人にそっけなくしちゃったり、ダイエット中なのに食べ過ぎちゃったり… 因みにダイエットしてるのに何故かの3㌔増量!なにゆえに?

 ハンディキャップを作り出したり、喧伝したり。これ全部、失敗した時の言い訳なのだ。ギクリとする…。自分の評価と他人の評価との溝を埋めたいけれども、自分にはその実力が無い… これ、自分自身が一番分かっている。これも言い訳か?そんな事が多い気がする。あー、もやもやする。

 人生を渡るには、当然自己防衛は必要だと思う。けれど、そればっかりじゃ駄目なのだ、分かってはいる、けれど… 反省の毎日である。少しばかり評価されると、その評価を守ろうと必死になる。どうすれば良いかというと、逃げるのである。私とは次元が違うが、初作品が大ヒット、次回作が大いに期待されている!このプレッシャーは、想像するだに恐ろしい。これの小さなバージョンは、誰しも日常で起こり得る事であろう。大小に拘わらずだ。これを回避する方法は、期待に応え続けるか、逃げの一手しかない。そこに、自らハンディを与えるという言い訳が登場するのである。

「セルフハンディキャッピング」                                        知らず知らずやっている  のか?                                          いや分かったうえでやっちゃうのだろう

 失敗しても、体調が悪いからしょうがない。成績が落ちても、掃除しちゃったからしょうがない。仮に成功しようものなら、ハンディを乗り越えた自分の評価が上がるのだ。だから、予防線は張っておいたほうが良い。現在只今、お十夜法要のお塔婆を書かなきゃいけないのに、執筆中な私…


お知らせ一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事