1. HOME
  2. お知らせ
  3. 光秀の行方

光秀の行方

アイキャッチ用雑僧雑感
雑僧の雑感 仏暦2563年1月 後半 vol.30

「光秀のゆくえ」

 

私が勝手に決めた、我が国三大不死伝説                                         源義経→チンギスハーン                                            明智光秀→天海                                                   西郷隆盛→星                                                (順不同、敬称略)

 とは言うものの、一応は時代順。時代が惜しんだ人物には不死伝説が有る。この中で、まあ頷けるのは光秀くらいかもしれない。

余談だが、私はテレビをあまり観ない 苦手だから                                私の情報処理能力では画面から来る情報を処理しきれないのだ                           故に大好きな幕末会津の『八重の桜』も未だ観ていない

それはどうでも良いとして

 三大不死伝説である。この中で頷けるのは明智光秀くらいなのか?義経は外国人に、隆盛はなんと星である。人名では無い、star。その名も西郷星。火星の中に西郷隆盛の姿が見えたとか見えないとか。

 光秀の評価は近年鰻上り、お笑い芸人の影響では無い…と思う。いまや大河ドラマの主人公である。チョット前まではひどかった、逆臣の極悪人・青白い顔・几帳面・神経質・融通きかんちんetc。

 徳川幕藩体制の倫理感というか、支配体制の影響が濃いと思うが。大名の無力化政策は数有れど、一番大きいのは武士道の徹底じゃないかと私は思う。朱子学は皮肉にも尊攘倒幕運動へと展開して行くのだが…

 ともあれ、徳川幕藩体制の太平はこうして築かれた。時は戦国乱世、下剋上は当たり前だったはずなのに、何故か光秀だけが悪者扱いを受け続けた気がする。

 それは、私が思うに徳川幕府の刷り込みの成果ではなかろうか?                          極悪人の嫌なやつ 主に逆らうとこうなるぞ 駄目だぞ

 作戦は見事成功。でも、汚名返上か?今や人気絶頂、ファンも多い。かく言う私も嫌いじゃない。

土岐源氏明智一族の想いを胸に戦った男                                     織田家中最強と言われた軍団を率いた男

 本能寺の変は秀吉やら家康やらの思惑が有ったとか無かったとか、不満大爆発とか、その場の勢いとか、色々と言われるが。

 世を憂い、民を思い、この国の行末を思ったが故の義侠心だったのか?光秀不死は民衆の願だった。光秀→天海説には七つの根拠があると言う。明智平に桔梗紋、どれも有りそうで無さそう。さて真実や如何に?

お知らせ一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事