1. HOME
  2. お知らせ
  3. 最低のすゝめ

最低のすゝめ

アイキャッチ用雑僧雑感
雑僧の雑感 仏暦2563年11月 後半 vol.50

「最低のすゝめ」

 

私は世界一の坊さんらしい                                                          世界一最低の坊主…                                                            なんにせよ世界一とは誉れが高い

 世界一と最低は言葉がかぶるか?ともあれ、最低は気が楽だ。これ以上落ちる事はないから。プライドも肩書も越し方も、両肩に乗っている様々な物に捉われず縛られず。あるがまま、出来の悪い自分でられるのだ。

出来ないのに出来るふりをしない                                                    “ふり”をしない生き方がしたい

 思えばこれまで随分と出来るふりをして生きて来た。そして良い坊さんのふりをして生きて来た。結構キツイ…。雁字搦めになってどうしようもなくなって、体も心も壊し、それでも良い坊主、出来る坊主。それを演じて来た。

でもそんな虚栄はすぐに見破られる

 法然上人は愚痴の身にして念仏を称え、極楽浄土に往生させて頂くみ教えをお説き示し下さった。愚痴の身であるとの自覚を持つ。これ浄土宗の坊さんの心構えである。私もそれに倣ってきた。

でも、それさえも格好つけていたのだと、今更ながらに気が付く。これも“ふり”をしていたのだ。思ってもいないのに「愚痴の身でござい」と、なんと傲慢な事か。

出来ない自分                                                                出来るふりはもうしない

卑下でも謙遜でも開き直りでも無い

 我が心、我が行い、どれを取ってみても最低としか言いようがない。だからこれから、最低の坊主としてこれから生きて行く。その決意として我が号を変えた。

新しい号は                                                                 『低下(ていげ)』                                                              最低の坊主と名乗る事にした

 気付きとかナントカマインドとか難しい事は解らないから。最低な坊主、落ちる事無い我が身、後は登だけ。気負いもプレッシャーも何も無い。最低成なりに足掻いて、這いつくばって、泥だらけで進む。ただそれだけ。


お知らせ一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事