1. HOME
  2. お知らせ
  3. 楽譜は音楽に非ず

楽譜は音楽に非ず

アイキャッチ用雑僧雑感
雑僧の雑感 仏暦2563年9月 前半 vol.45

「楽譜は音楽に非ず」

 

 文庫本の解説は面白い                                                          解説を読むのは 物語を読む前か後か                                                  私は後派である                                                             先入観を持たずに読みたい                                                       因みに初めての作家の先生の場合はプロフィールにも目を通さない                                     それは兎も角として

「楽譜は音楽ではない」                                                        これは 荒木源先生著「オケ老人!」の解説の一文で 作家のふじたに・おさむ先生の文                             確かにその通りと思う

 楽譜は音符の連記でしか無く、奏でる人の魂が込められてこそ、或いは歌う人想いが込められてこそ、音楽と言える。きちんと楽譜通りに演奏出来ても、音符通りに発声しても、魂や想いが込められなければ音楽とはならない。

そう考えれば これは何にでも当てはまるのだろう

 お経や仏教書もそうだ。読んで知っているだけでは仏教の信仰とは言えない、それは知識でしかないのだ。知識と信仰もまた異なる。読んで知るのは知識である。昨今は書店でも仏教書を多く見かける。読むことは勿論大切。だが、仏教書や論文やお経の内容をただ説明するだけであるならば、それはただの解説だろう。

頭で知ると心で知るは異なる

 説教もまた然りであろう。仏教の解説は説教では無い。知って理解して信じて実践する。自身の信仰の中の言葉として伝える事が説教である。だから伝わるし響くのである。

楽譜と音楽 知識と理解 知識と信仰 等々                                                想いを込める事は大切だ 心せねばならぬ事であろう                                          無論の事 私がそれを体得しているとは言い難く 反省と自戒の日々である                                最後にそんな私の愚かさを詠んだ和歌を紹介して結びとする

~経を説く 我は案山子か アホウドリ 教えの真 知りもせぬま~


お知らせ一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事