1. HOME
  2. お知らせ
  3. あなたまかせの年の暮

あなたまかせの年の暮

アイキャッチ用雑僧雑感
雑僧の雑感 仏暦2563年12月 後半 vol.52

「あなたまかせの年の暮」

 

ともかくも あなたまかせの 年の暮                                                     一茶の句

コロナで始まりコロナで暮れる                                                そんな一年だった                                                               今年は一体何をしたのだろう?

三密 パンデミック GoTo 不要不急 マスク 新しい生活                                       不安だらけの毎日が過ぎて行く

平穏な日常の有難みは 失って初めて気が付く

 「あなたまかせ」一見すると他人まかせのように見えるが、そうでは無い。あれやこれや考えてもどうしようもない。ただただ仏様に身を任せ、辛くても、悲しくても、不安でも、苦しくても、それに捉われずに、ありのまま、この身このままで年を越して行く。その想いが込められた句である。

 今年ほど この句を噛みしめる年の瀬は無いのではなかろうか?                                        そんな気がする

 浄土真宗の門徒で熱心な念仏者であった一茶。五十一歳で結婚し、長男を授かるも生後一ヶ月で我が子を失う。次に生まれた長女も一年で病死。おもうままにならぬ人生だからこそ、阿弥陀様に身を任せ、その救いにすがる。如何に科学が進歩しようとも、文明が進もうとも、如何ともしがたい事は多く有る。

人の一生で 悲しみや苦しみが無くなる事は無いのかもしれない

 そんな身であればこそ、仏様に身を任せ信仰に生きる。今年も「あなたまかせ」で始まり暮れる。そしてまもなく「あなたまかせ」の一年が始まる。

どう生きる? どうしたい?

 不安だ不安だと毎日を送るよりも、仏様に身を任せて精一杯生きる。一茶の生き様に学ぶべきところは多い。とは言うものの、不安を拭う事が出来ない私達。せめてこの句を折に触れて思いだしたいものである。

来年は今年より良い歳となりますように


お知らせ一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事